古田十駕(酒盛正)の文学日記

古田十駕の文学日記

2021-07-07から1日間の記事一覧

2021年7月7日 砂漠のカメレオンを見て吾が如しと思う。

二百三十枚。梅原猛の「塔」で聖徳太子の仏教精神に触れて、「精神史のおもしろさは、一つの精神の発展が、一人の人間を通じて実現されるところにある。その人間がその思想を採用したのは偶然かもしれない。しかし、その偶然を通じて、一つの思想は、一つの…