古田十駕(酒盛正)の文学日記

古田十駕の文学日記

2021-07-15から1日間の記事一覧

2021年7月15日 なしてもなしてもならぬものこそ。

二百三十五枚。むずかしいところを書いているときは、そのことよりほかは何も考えられない。ぼうっとして本棚を見ていると、河上徹太郎の「有愁日記」という薄茶の布地の背表紙が目に入った。はて、何でこんな本を持っているのかとあらためると、図書館の廃…