古田十駕(酒盛正)の文学日記

古田十駕の文学日記

2021年7月1日 日々耕せる畑に囲まれてありたれば不足なし。

 二百二十五枚。馬子によって徹底的に疎外されている押坂彦人大兄の心境を書いて、その下書き二枚半ほどを今日これから本書きして五章の三分の一を書き終える。狙い澄まして振り下ろした刀の刃筋がぶれて、そのぶれを修正するのにひと苦労する。毎日その繰り返しで、みごとに書き切ったというような達成感はあまりない。強いて言えば、そんなことを何十年繰り返していると多少文章が練れてきて、手許が強くなるのが実感できる。しかしそれは文学とか芸術と言ったものとは関係がない職能としての技倆で自慢できるようなことではない。田植えをしている農民が「お上手ですね」と言われても答えようがないのと同じだ。

 

 酒盛正の電子書籍 ↓ ↓ ↓ ↓ (表紙画像をクリック)

 

books.rakuten.co.jp

 釈迦牟尼(サキャ族の聖者)、仏陀(真理を悟る者)と呼ばれるゴータマ・シッダールタは、どのようにして現象としてのこの世の真の姿をとらえ、苦からの解脱という方途を見出したか。その大悟までの半生を描く。
   100円(税込み)

https://books.rakuten.co.jp/rk/b51724d98b7b3d72b98c15e1557e2d3d/?l-id=search-c-item-img-05

books.rakuten.co.jp

ユダヤ教から卵生したキリスト教を、ユダヤ主義者や異教徒と厳しく対決しながらローマ帝国に教線をひろげていった聖パウロを中心に、新約聖書記述者のルカやマルコをはじめとする伝道者たちの信仰を描く。
   280円(税込み)

https://books.rakuten.co.jp/rk/e9f8e8b5639f3331b816fdc7a4512212/?l-id=search-c-item-img-03

books.rakuten.co.jp

明治二十三年春三十九歳で来日し、五十九歳で亡くなるまで日本を離れず、「知られざる日本の面影」「霊の日本」「神國日本」などをあらわして日本を西欧に紹介した小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の評伝小説。
    100円(税込み)

https://books.rakuten.co.jp/rk/cfe4eb5074203568a9393afb17353895/?l-id=search-c-item-img-01

books.rakuten.co.jp

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
近代日本の芸術における過剰な商業主義への光太郎の生真面目な抗議は、
美しい日本の良心と言えるだろう。
日本近代詩の父、高村光太郎の生涯!
   280円(税込み)

https://books.rakuten.co.jp/rk/93cbe37ca9ca33b09999f989c0e90a27/?l-id=search-c-item-img-04

books.rakuten.co.jp

酒盛正全詩集
作品No.1より
雨。かってこれほど充実した一日はなかった。夕闇と
ともに空は明るみ、疲労が私を襲った。野の道の地蔵の
前に私は屈みこみ、しきりに自由とか孤独とかいうことを
考えた。濡れた雨傘は鉄鉢を持つ地蔵の腕にたてかけて
あった。夜が迫りつつあった。
   100円(税込み)

https://books.rakuten.co.jp/rk/ab4fc12419e735c5b2ef905df9597710/?l-id=search-c-item-img-02

books.rakuten.co.jp

かく歩み、かく思い、かく書く。文学日記より拾った鳥道の粋藻。小説が生まれる前の素描。文学日記セレクション
   240円(税込み)

https://books.rakuten.co.jp/rk/31639364301239b0870a05b1358a9ad1/?l-id=search-c-item-text-06